最近のトラックバック

フォト

カブトムシ&クワガタムシ

カブトムシとコカブト

カブトムシはそろそろお亡くなりになります。

今年我家には3匹の♂カブトムシと1匹の♀カブトムシがいましたが、♂カブトムシは体が大きい順に2匹死んでしまいました。カブトムシの♂は交尾が終わるとめっきり元気が無くなり、死を待つばかりとなります。体が大きい=♀の獲得率の高いカブトムシから先にお亡くなりになり、一番小さいカブトムシは傷だらけ、穴だらけになりながら、♂♀仲むつまじく長生きしております。

(ちなみにここから人生訓を得てはいけません)

一方のコカブトは、♂♀それぞれ3匹ずついます。大変平和的に(♂どおしで喧嘩した形跡もなく)長生きしております。

(ちなみにこの程度のことは政治家も学んで下さい)

Img_3158Img_3159左:カブトムシ

右:コカブト

10っぴきになったよ。

P1000242障害者雇用促進法によって、身体障害者、知的障害者の雇用が事業主に義務付けられるようになったが、実態社会はなかなか厳しい。軽度の知的障害が残った娘2も就職先を探しているが感度は悪い。日本の法律が出来る以前から、門戸を広げている外資系企業もある。

昨日はキリスト教会で礼拝をし、就業についてのお祈りをしていただいた後、就業実習を引き受けてくれるというその外資系企業の店舗へ行った。

P1000243

初めて県庁にも行った。25階の展望台はなかなか良い景色だ。南側、遠くに筑波山が見えるのだけれど、携帯電話で撮影するのは至難の業なんだわ。

ついでに実家へ帰る。両親とも一応元気。

夜、息子と約2Km先のコンビニまで散歩。「この辺いるんだよねぇ、カブトムシ.....」

Img_3051早速3匹ゲット。

これで10っぴきになったよ。

夏の定番 カブトムシ

P1000222朝、4時起床。

眠い目をこすりながら、毎年訪れるポイントへ。

街灯のある付近の地面をくまなく探す。

いたいたメスゲット。

暫く探す。

散歩中のおっちゃんに出くわす。

「おはようございます」と挨拶を交わす。

-----をっ、何やらおっちゃんが手に持っているものは-----

「これ僕にあげるよ」.....というわけで、10分、でオス・メスゲットしたのでした。

Img_2438Img_2439 

びびったぜぃ。蜂の巣駆除。

Hachinoko1玄関のポーチライトの隣に、いつのまにかトックリ(しかも大き目のトックリ)を逆さにしたような蜂の巣が出来ていた。

スズメバチは見かけないからスズメバチではないだろうと思ったので軽い気持ちで駆除を試みた。

虫取り網を買ってきて巣にかぶせ、脇から出てこれないようにガムテープで貼り付けた。下に向いているトックリ状の口から殺虫剤を噴射し続ける。成虫はいないようだ。棒切れで軽く巣をたたき割り、出来た穴からまたまた殺虫剤を噴射。徐々に巣の全体を壊していった。出てきました蜂の子5,6匹。全体を撤去し、脚立から降りた。良く見てみると「ん?この蜂の子大きいなぁ.......これはヤバイかも」

そのうち成虫が戻ってきた。「あ、間違いなくスズメバチだっ!!、息子よ逃げろっ!!」

5m逃げた。

スズメバチは巣を探し回っている様子。暫く巣を探していたようだが、諦めてどこかへ飛んでいHachinoko2った。はぁ、びびったぁ。

駆除している間、たまたま成虫が近くにいなくてラッキーだった。もし近くにいたら攻撃されたに違いない。決してマネはしないように。

カブトムシくさぁぃ

土地というか地域にはそれぞれ独特の臭いがある。

昔、札幌での生活が慣れてきた夏に、実家がある茨城に帰ってきた。飛行機の中は快適、でも羽田空港に降り立つと、気圧が高いのと、蒸し暑いのと、東京の独特の臭いで「うげぇ」って思った。

上野駅から特急に乗り、勝田駅で降りたときには「魚臭~い(というか)、潮臭~い、蒸し暑~い」のでやっぱり「うげぇ」って思った。駅から海岸までは4~5Kmくらいあるはずなのに.....。自分が住んでいたところがこんな臭いのところだったとは全く気が付かなかった。

今朝3時頃、仕事の帰り道に自宅近くのコンビニに寄った。車から降りたとたん「うぅ、カブトムシ臭い」。

(正しくはカブトムシが生息する広葉樹林独特の臭い。子供の頃からの感覚で、ナラ、ブナ、クヌギなどの広葉樹林の臭いがカブトムシの臭いに置き換わっている。湿度が高かった今朝方などはムッっとする。)

「もうそういう時期かぁ、いるかなぁカブトムシ」とお店の周辺を探したら、いたいた、お腹を見せてじたばたしている雌一匹。カブトムシって飛び立つ時は格好いいけど、着地はへたくそなんだよなぁ。何でなんだろう。とりあえず子供におみやげ。

Kabuto080711s_2 

今年のカブトムシ

 とうとうカブトムシの成虫が死んでしまったので庭に埋めた。

 飼育箱には幼虫が十数匹。去年はベランダ飼育がダメだった。多分暑すぎた。今年は特に世話をするつもりはないが、ウッドデッキの下に置いておくことにした。

 取りあえず猛暑の草刈りが終わりほっと一息。次の草刈りは11月。土曜日は保育園の運動会だ。ふぅ。

自宅飼育失敗宣言

我が家で育てたカブトムシ。体も小さく、オスの角もメスと見間違えるくらい小さい。発育不全といった感じがする。

それに引き換え、自然の中で育ったカブトムシは大きくてかっこいい。昨日、息子が近所の街灯の下からオス1匹、メス2匹を捕まえてきた。オスは大柄で角も立派。大自然の素晴らしさを改めて感じると同時に、自宅飼育失敗宣言(;_;) 

うーん原因は飼育箱の水分と適温。

Nec_0023

←息子が捕まえてきたオス。

クワガタムシの蛹3

07kokuwa2 ♂♀とも無事に羽化。クワガタムシの蛹はコクワガタだったようだ。

(コクワも一年で羽化するんだね)

クワガタムシの蛹2

200706302 先のクワガタムシの蛹(♂)は無事に羽化終了。

新たに♀の蛹を発見。

 

   

   

200706301_1  

クワガタムシの蛹

20070615_1

昨年、我が家ではクワガタの幼虫が40数匹生まれたが、そのうち生き残っているのが20数匹。そのうちの一匹が蛹になっていた。蛹は動かずのんびりと寝ているものかと思っていたら以外に回転しながら激しく動いている。これは小型のノコギリクワガタだと思う。真っ白できれいだ。残りの幼虫も無事蛹になってくれるかなぁ。