最近のトラックバック

フォト

近所の低山

いつもの筑波山

P1070483

 
P1070494
 
P10705111
 
P1070513
 
P1070514
 
P1070521
 
P1070527

Pb120355

△龍神渓 籠岩山あたり。
Pb120352
▽自宅のモミジ
Pb200390
 
Pb200395
▽常陸秋そばを打つ
 
Img_0745

良いお年をお迎えください。

P2140248

篭岩山から

Pb280398

 
Pb280410
 
Pb280408
日光も冠雪
Pb280406
富士山も。

小生瀬 地獄沢

先日登った低山、生瀬富士。袋田の滝を眼下に更に上流の生瀬の滝に至る。更に上流を渡渉し月居山を経由して帰路に就く。そんな行程を社内で紹介したところ、その麓の地区「旧小生瀬村」の壮惨な歴史を紹介してくれた人がいた。その物語が小説にもなっているという。時代は関ヶ原の合戦後、佐竹氏転封によって水戸徳川家の支配になった頃、検地、或いは年貢の取り立てに起因して、村人が抵抗。水戸徳川家による一村皆殺し事件があったと言うのである。「神なき月十番目の夜」飯島和一箸。小説を読み終えた時点でその現地「地獄沢」と呼ばれるところに赴いてみたが、もはや笹薮が生い茂り人の入り込める余地は無かった。前途を塞ぐ笹薮の手前では猪の掘った穴と泥浴した跡だけが残っていた。民家の庭先で農作業をしていた老夫婦に尋ねると「そこから四、五百メートル先が地獄沢、もはや人が入るのは無理」という言葉と同時に入ってはならないという視線と表情が感じ取れた。

Img_00491
 
Img_0232
 
Img_0234
 
Img_0235
 
Img_0236
 

いつものところへ

P3220483

 
すっかり春の陽気。霞んで遠望ができない。
 
P3220484
ダンゴウバイが咲いていました
 
P3220489
 
P3220494
 
P3220495
イヌノフグリも群生していると綺麗。
 
P3220496
 
P3220497
 
P3220499

ほのかな梅の香りを楽しみつつ

低山散歩。

 
Sp3150338
 
Sp3150347
 
Sp3150345
 

筑波山登ってきた

最近は仕事が忙しくて山登りもままならないところですが、早起きして筑波山に登って来ました。風は冷たいですが、この時期は遠望でき気持ち良いです。

P2140258
 
P2140246
 
富士山が見えたりね。
 
P2140248
 
健康増進。お腹を凹ますのも目的の一つですが、食っちゃうんですよね。
 
P2140306
 

奥久慈を歩いてきた

紅葉はどんなかと思い奥久慈を歩いて来ました。

男体山の駐車場は満車。道路に車が溢れていたので、私は佐中から籠岩山へ。
来週くらいが良いかもしれないです。
Pb150069
 
Pb150072
 
Pb150079
 
Pb150088
 
Pb150094
 
Pb150103
 
Pb150114
 
Pb150107
 
Pb150115
 

里山歩き

P9280037

 
P9280040
 
P9280047
 
P9280045
 
P9280044
 
P9280053
 
P9280054
 

より以前の記事一覧