最近のトラックバック

フォト

« 久々の運転 | トップページ | いつもの筑波山 »

正月

旧約聖書から読み解く正月

旧約聖書をザクッと突っ走ります。(超特急)
アダムとエバ(イブ)との失楽園物語(中略)、ノアの方舟物語(中略)、信仰の父アブラハムの物語。
 
アブラハムの子イサク、イサクの子、ヤコブ。このヤコブが天使と取っ組み合いをして勝利します。そうして与えられた名前がイスラエル。ヤコブ(イスラエル)には12人の子供がいました。末っ子のヨハネはヤコブに溺愛されました。ところがヨハネは兄たちに恨まれ、通りかかった商隊に売られてしまうのです。ヤコブは悲しみますが、もはや探す術もありません。
 
あるときヤコブとその子供たちが住んでいる土地で飢饉が起こります。そしてヤコブの家族は豊潤なエジプトに移り住むことを決意するのです。そうしてヤコブの家族がエジプトで見たものはエジプト王、ファラオの臣相となった末っ子ヨハネの姿でした。ヨハネの功績によってヤコブの家族は高待遇で迎え入れられたのでした。
 
やがて時が過ぎ、エジプトにはヤコブ(イスラエル)の12人の子孫が増えました。エジプトの王ファラオも世代交代していったのですが、そうしていく過程のなかで、ヨハネの功績は
忘れ去られ、ヤコブ(イスラエル)の子孫を奴隷として扱う様になっていきました。
奴隷と化したイスラエルの民の苦しみは如何ばかりであったか、その祈りは神に聞かれ、エジプトにモーセ(=モーゼ、モーゼス)が生まれます。モーセもヨハネ同様エジプトの臣相となります。神はイスラエルの民を奴隷から解放するために、モーセを遣わします。あらゆる災害をエジプトに起こしファラオを揺さぶりますが、ファラオの心はかたくなままです。最後の災いとは、神がエジプトの長子(長男)を皆殺しにするという災いです。
 
神がイスラエルの民に告げられたのは「イスラエルの民には危害を及ぼさない。イスラエルの民だとわかるように、家の入口の柱と鴨居に羊の血を塗りなさい」ということです。その標し、その家には災いを及ぼさないという約束です。その家には災いが過ぎて通る。=過ぎ越しと言います。
 
神がエジプトの長子(長男)を皆殺しにする夜。寝てはいけない。起きていて神の業を見ていなさい。(大晦日)
翌朝、自らの長子(長男)を殺されたエジプトの王ファラオはついに奴隷解放を約束をするのです。
 
イスラエルの民の奴隷解放の時、これが正月なのです。
 
そして、日本にあるあらゆる言い伝えが酷似してもいるのです。
 
この月をあなたがたの初めの月とし、これを年の正月としなさい。(出エジプト記12:2)
 
紀元前1250年頃のお話です。

« 久々の運転 | トップページ | いつもの筑波山 »

聖書より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98475/64701285

この記事へのトラックバック一覧です: 正月:

« 久々の運転 | トップページ | いつもの筑波山 »