最近のトラックバック

フォト

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2013年もよろしくお願いいたします。

メリークリスマス

Pc180451

最寄駅。年々派手になっていくなぁ。
今日は教会で過ごしました。ハレルヤ。アーメン。

Ubuntu Linux

出張先の本屋でたまたまウブントゥマガジンジャパンというの雑誌を立ち読み。これもLinuxの一種ですが、まぁまぁ面白そうなので雑誌を購入。中古PCを探して2万円程度のノートパソコンを見つけて購入。宿泊先のホテルで雑誌についていたDVDで Ubuntu 12.10 をインストール。奥が深く、センスが良く、思ったよりソフトも豊富。いろいろと楽しめそう。こちらも暇があったら何かを書いてみようと思う。

もう高価な Windows はいらないかも。
Pc130428u

Puppy Linux インストールの実際

Puppy Linux インストールの実際はこんな感じです。

1.Windowsマシン上でLinuxのイメージファイルをダウンロードする。
 とは言うものの一言でPuppy Linuxと言っても色々と派生版があるようです。詳しくはググるしかないのですが、私が試したのはWary 5.1.1-01J というやつだと思うのですが定かじゃないのです。ダウンロードサイト
2.ダウンロードしたイメージファイルをCDに書き込む。
  とは言うもののWindows上のファイルをCDに放り込むだけではダメで専用の書き込みソフトが必要になります。私が使ったフリーソフトは ImgBurn。ダウンロードサイト
3.CDでパソコンを立ち上げる。
 もちろんCDで立ち上がるように、BIOSのブートの設定をしなければなりません。BIOSの設定はそれぞれのPCで異なるので詳しくは説明できません。パソコンが立ち上がるときに[ESC]や[F2]や[F12]を押したりすればBIOSの設定画面が出てくるかと思います。BOOTの設定においてCDでの立ち上げを優先的に設定できれば良いわけです。
4.CDから立ち上がった状態で、ハードディスクにインストールする。
 大体そんなところでしょうかね。今のLinuxディストリビューションもインストーラも良くできているので、簡単にできてしまいます。
Pb230297

Puppy Linux

暫く忙しくて山には行っていません。

自宅に貰いものの古いパソコンがあって、捨てるかどうか迷っていました。SONYのVAIO PCV-R73KTV7  というパソコンです。(SONYのHP)
02
Pentium III 866MHz
Memory 128M+256M
HDD 40GB
OSは Windows 2000 Professional .。もはや時代遅れ(?)のOS。Diskのパーティションを区切って Windows XPも入れていましたが、XPは重たく、レスポンスが悪くイライラして使えませんでした。もう捨て時かと思っていて、たまたま本屋で立ち読みしていた日経Linuxという雑誌で古いパソコンが元気に再生できるとする記事を読み、日経Linuxを購入し、Puppy Linuxをインストールしてみました。自分の備忘録として、BLOGを書いていこうと思います。(時間があればですが)
↓は自宅で隠居していたマシン(PCV-R73KTV7 )
SONYのVAIOはいくつか使っていましたが、他のVAIOに比べると寿命が長いです。(完動品)
Pb230292
Puppy Linux をインストールした直後の画面。(モニターはHitachi製Puliusのもの)
Pc150440
インストール、立ち上げ成功。インターネットが見れるし表計算ソフトも使える。結構感動しています。

出張中です

Pc050408

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »