最近のトラックバック

フォト

« 映画「岳」観てきました | トップページ | 庭の花 »

筑波山V字谷コースその2

注意:2012年10月現在このコースは通行禁止になっています。

Pa080130

以下の記録は通行禁止以前のものです。

  5/14 前回に引き続き、筑波山V字谷コースを歩いて来ました。

軽く歩行訓練と思って行ったのですが、今の時期の筑波山は家族でのファミリー登山、デートでのラブラブ登山(?)、サークルや仲の良さそうなグループ登山でに賑わいます。(まぁ、良いことですけど…。私もそうでしたし。)

おたつ石、白雲、御幸ヶ原といったメインのコースは渋滞になるので、あまり人がいないマイナーで、かつ、登り甲斐のあるコース、「V字谷コース」を歩いてきました。今回2度目ですが、私にとってはもうこのコースがベストかな。

Photo

Dsc00947s

▲8:15 駐車場から男体山山頂を見上げる。新緑が眩しい。

Dsc00949s

▲登山道としては古いのだろうけど、歩いている人は少ないです。前回も今回も前に二人。

Dsc00953s

▲藪かなと思わせる。分岐もあるけれど説明はなし。直登なので、道は直線的に選択。

Dsc00954s

▲岩に赤ペンキでVマークがあれば、そこがV字谷コースなので、このマークを探しながら歩く。電話線のケーブルのようなものも転がっている。最悪それを辿ればどこかへ出る。^^;;

Dsc00963s

▲ここにもV,そこにもV。Vを探してね。

Dsc00965s

▲秋も楽しめるのかもしれない。

Dsc00971s

▲筑波山のメインの登山道の岩は、登山者の靴裏で磨かれツルツルしています。(滑って危険) そういう意味ではこのコースの岩は至って自然で歩きやすいです。

Dsc00977s

▲1時間30分~1時間40分程度岩を登って行くとこのコース最大の難関になります。最初は木に抱きついてコアラのようになって登り、巨岩と巨岩の間にある岩を抱きかかえるように登ります。そこに水が流れているので、苦労します。この日は前日までの雨で水量が多く、随分と濡れながら登りました。

Dsc00984s

▲登った後に上から下に向かって撮っているのですが、比較対象となるものが無く、分かりづらいですね。下方に切れ込んでいて滝のように水が流れています。滑ると怪我します。

Dsc00986s

▲難所を登って少し休憩。まだ登りは続きます。

Dsc00989s

▲もうちょっと。もうちょっと。

Dsc00973s 

▲山頂が近くなると、岩と岩の間にニリンソウが見えてきます。ちょっと心が和みます。

Dsc00991s

▲あっちにも、こっちにも

Dsc00993s

▲おぉっ、斜面一杯に群生。足の踏み場が無い。びっくり。

Dsc00997s

▲ヒイラギソウも綺麗。

Dsc00996s

▲珍しいそうですが。

Dsc00995s_2

▲この辺からV字谷コースは緩やかになります。

Dsc00999s

▲トウゴウミツバツツジが迎えてくれます。

Dsc01013s

Dsc01017s

Dsc01002s

▲V字谷コースの終焉はここ、立身石(りっしんいわ)かな。写真を撮りながらゆっくり歩いてここまで2時間50分くらい。

Dsc01018s

▲立身石に登って小田、北条方面を見る。

Dsc01009s

▲一服。

Dsc01025s

▲ついでに女体山山頂から

Dsc01021s

Dsc01024s_2

▲雑草のような小さな草花もいいです。

Dsc01029s

▲つつじヶ丘駐車場というくらいだから…。

Dsc01033s

▲つつじを見て

Dsc01037s

▲神社まで下山。

帰りはおたつ石コース、向場コースでの~んびり。

V字谷コース下りは登りより緊張感があるかも。今度やってみるか。

« 映画「岳」観てきました | トップページ | 庭の花 »

登山・ハイキング」カテゴリの記事

筑波山」カテゴリの記事

コメント

この行程を見ると登りがめっちゃきつそうなんですけど(笑

この時期たくさんの花が咲いていて
見ごたえがありますね。

面白いコースですよね,だんだんメジャーになってきているのでしょうか。 
 聞くところによると,ここ以外にも道無き道と藪こぎありの道を歩いて頂上に行くルートがあるそうです。
それはいづれ確かめてみようと思っていますwink

今の時季、花綺麗ですね。
このルートも良いのですが、えこさんが言われるようバリエーションも多くあります。
筑波山の隠れ山道にのめりこんだ時期があって。今や昔です。
お楽しみ下さい。

windfeelingさん、どうもです。

>この行程を見ると登りがめっちゃきつそうなんですけど(笑

そうですねぇ。角度はあります。でもパターンが同じなんですよ。大小不規則ですが、ずーっと岩登りなんです。岩の階段といいますか。そういう意味ではリズムを掴んでしまえば疲労も少ないんですね。

>この時期たくさんの花が咲いていて見ごたえがありますね。

大汗かいて疲れた頃、たくさんの花が見れると気持がなごみます。

えこさん、どうもです。

>聞くところによると,ここ以外にも道無き道と藪こぎありの道を歩いて頂上に行くルートがあるそうです。それはいづれ確かめてみようと思っています。

ふむぅ。裏筑波を車で走っていると、「なぜこんなところに車が駐車されているの?」と思うことあります。きっと地元の人しかしらない格別の登山コースがあるんだと勘ぐっています。冒険するときはお付き合いします。

yamasanpoさん、どうもです。

>このルートも良いのですが、えこさんが言われるようバリエーションも多くあります。
>筑波山の隠れ山道にのめりこんだ時期があって。

やはりいろいろとあるのでしょうね。yamasanpoさんのブログも検索させていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98475/51676841

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山V字谷コースその2:

« 映画「岳」観てきました | トップページ | 庭の花 »