最近のトラックバック

フォト

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

栃木遠征 日光白根山(ええとこやわぁ)

その他の花達。

Dscn2733 Dscn2732 Dscn262 Dscn2603 Dscn2609 Dscn2625_2 Dscn2720 Dscn2717

Photo

Photo_3

8:00:登山開始(山頂駅)-10:00:山頂-11:10:五色沼(昼食)-11:50:五色沼出発-12:15:弥陀ヶ池-13:10:六地蔵-13:30:山頂駅

Dscn2727 Dscn2728

▲谷川岳…次はここか?考え中。

Dscn2738

△天空の足湯。(お見苦しい写真は削除いたしました。^^;;)

栃木遠征 日光白根山(五色沼編)

▽五色沼目指して降ります。

Dscn2673

Dscn2676

▽コメバツガザクラかなぁ(?)

Dscn2677

▽段々近づいてきます。

Dscn2678_2

Dscn2681

△団体さんも頑張って降りてきています。

Dscn2683

△一部雪が残っています。

Dscn2689oil

Dscn2685

△ミネザクラも健在

▽ようやく沼に出てきました。

Dscn2706

と思いきや、何だか可愛いお尻が…。

Dscn2693

▽こちらは美女?

Dscn2696

Dscn2699

△我々との距離は10mくらいですが…、お食事最優先のようでした。

Dscn2700

我々もここでお食事タイムとなりました。

Dscn2708

じゃぁね、また来るよ。

Dscn2716

栃木遠征 日光白根山(山頂にて)

日光白根山またの名を奥白根山の山頂から見える景色はこんな感じです。カシミール3Dを使用しています。

3601

3602

3603

3604 西

曇り空でしたが、360度の素晴らしい展望でした。百名山が一杯。^^

Dscn2649

▲男体山、中禅寺湖、遠く雲の上からは筑波山

Dscn2671

▲皇海山、鋸山も見えます。

Dscn2656

▲至仏山

Dscn2655

▲燧ヶ岳

Dscn2674

▲日光ご家族ご一同様と遠く高原山。

Dscn2662oil

△うちのご一同様。

[削除された項目]

(理由:あまりにも見苦しかったので)

▲ヤバ腹山

Dscn2664

お口直し。やはり五色沼ですわ。

栃木遠征 日光白根山(登頂)

▽夜の男体山を横目に(というかわざわざ寄り道して対岸から写している)。

Dscn2567_2

▽中禅寺湖も通り過ぎ 

Dscn2576

▽鹿に横切られながら 

Dscn2577

▽翌朝こんなところに着いた。

Dscn2589

Dscn2591

▽鳥居を潜ると

Dscn2600_2

▽シラネアオイの群生が素晴らしい。

Dscn2601_2

Dscn2602

Dscn2612

▲やがて(上州)武尊山が見えてきます。

Cdscn2612 

▽今度はイワカガミの群生。

Dscn2618

Dscn2619

▽高山植物の宝庫です。

Dscn2625

Dscn2626

▲浅間山の噴煙が見えます(左)

Dscn2629

△同行者達。やがて森林限界に。▽ガレ場が続きます。

Dscn2638

▽見守ってくれているのはイワヒバリ君ですね。

Dscn2643

Dscn2644

▲登り始めてから2時間。ようやく山頂が見えてきました。Dscn2646

▲五色沼も。遠く中央に見えているのは高原山だわ。

Dscn2657

日光白根山 SHIRANESAN 2578m 登頂!!

茨城県・生瀬富士-袋田の滝-月居山

日本三名瀑の一つ、袋田の滝(茨城県・大子町)。その滝の全貌を見れる山があります。それが生瀬富士。アップダウンが激しく疲れるところですが、私の好きなところの一つでもあります。ついでに月居山まで登って来ました。

Dscn2454 後ろの山が生瀬富士

Dscn2453 11:57 寝坊後出発

Dscn2456

やや密林状態。蜘蛛の巣がたくさん。

Dscn2462 こんなロープを登って行くと

Dscn2465 展望が開けてきます。

Dscn2468

登山口から約50分後 12:47

頂上のように見えますが、ここは三角点峰では無いみたいです。冬はここから栃木県、福島県の山々が見えますが、春~初夏は霞んでしまって近くの山しか見えません。ここが目的ではないので、更に歩きます。

Dscn2471 

駐車場の辺り。左上は奥久慈男体山と長福山

Dscn2472 愛車を確認

Dscn2474

尾根伝いにいくつかのピークを過ぎると

Dscn2475 遠くに滝が見えてきます。

更に進むと

Dscn2496

見えました。袋田の滝。轟音を聞きながらお昼ご飯。(13:47)

Dscn2500

Dscn2502

Dscn2504_2 滝の上

Dscn2507

慎重に歩いて渡ります。水は足首くらいまで。(コケなければですが)

Dscn2508 生瀬の滝

Dscn2512 対岸の山、月居(つきおれ)山に登ります。

Dscn2513

この尾根伝いを歩いてきました。

Dscn2518 月居山頂上。

標高も低く、距離も短いのにやけに疲れました。アップダウンが激しいからかもしれません。

Photo

Photo_2

出会った花たち。

Dscn2457_3 ①?

Dscn2461_2 ②ギンリュウソウ

Dscn2477_2 ③?

Dscn2491_2 ④ホタルノ…?

Dscn2526 ⑤?

そろそろ低山歩きは猛暑かも。

Dscn0812 今年3月の生瀬富士と

Dscn0810_2 月居山。

庭師

天気が悪いので今日の山行きはなし。

自宅のヤマボウシが成長し、枝が路上にはみ出し過ぎたので少々伐採。

Dscn2441

おっ、高原山が見えた。

今日は帰宅時の列車の中から高原山が見えました。こちらは雨でしたが、梅雨前線が南に下がったため、高原山付近は快晴。夕日に染まっていました。

Dscn1491

▲この写真は4月に矢板市内で撮ったものですが、この形状のミニ版が目に映ります。

まぁ、山は見る角度によって形状が変わるのですが、高原山の写真も数枚ありましたので載せてみます。

0912062_2

茨城県城里町鶏足山より【2009/12/06撮影】

0912121

栃木県益子町雨巻山より【2009/12/12撮影】

1km

1001031_2

栃木県宇都宮市古賀志山より【2010/1/3撮影】

1001231

茨城県大子町鷹取岩より【2010/1/23撮影】

Dscn2168

栃木県矢板市高原山そのもの【2010/6/5撮影】

最高峰は釈迦ヶ岳。近いようで遠い。きつかったです。

Dscn2190

通勤列車から見える山にはみな登ったかな。

もう少し皆さんとゆっくりしたかった。それだけがちょっと後悔。

私と日光連山

私が幼少の頃暮らした茨城県のとある村。小学校の教室からはまれに日光連山が見えました。それはそれは遠いことろにある山岳でした。どのくらい遠いかというと、約100Km。気象条件が良くないとその姿を見ることはできませんでした。東京に住んでいると、稀に富士山の全貌を見ることがありますが、それに似ています。

1001233

▲幼少の頃過ごした村から見る日光連山。今は通勤路になっています。稀にこんな風に見えるのです。それは今も昔も変わりません。【2010/1/23撮影】

1001234_2 同上:男体山ズーム。

某企業の山岳部に所属していた親父に連れられ、初めてスキーをしたのが小学校2年生の時。日光の湯元スキー場でした。

私が積極的に山歩きを始めたのは去年の9月。禁煙プログラムを終え、健康的な生活がしたいと思っていたところ、山歩きの楽しさを知りました。

0911151

▲茨城県・竜神峡。隠れ名峰「明山」からの日光連山。【2009/11/15撮影】

「今日は日光が綺麗に見えるね。」この辺のハイカーの合言葉でもある。

0912061_2

雲海の向こうに見えたりするとまた美しい。【鶏足山より2009/12/6撮影】

0912061_3 adidasの3本線という人もいる。

0912121_2 【雨巻山より2009/12/12撮影】

0912271_2

▲去年の年末は茨城県唯一の百名山、筑波山からも見えた。

年が明けて、2010年正月3日。宇都宮の古賀志山へ。

1001032

1001033

1001034_2 高速IC近くのショッピングモールにて

1004241 【高原山より2010/04/24撮影】

1004241_2 【矢板市付近から2010/04/24撮影】

Dscn2382

遠くからしか見たことがなかったこの山の頂上に登れて、なんと言いますが、一つの区切りが出来たような気がしました。

Dscn2352 

栃木遠征 日光男体山(下山)

Dscn2360_2

やはり山登りは朝早く出発したい。朝9時になるとガスが出てきたので下山。

Dscn2362_2

下りでは、これから登る団体さんやたくさんの人とすれ違いました。200人くらいかなぁ。残念ながらこれから行っても雲の中になってしまうでしょう。

Dscn2366 下界を見るとこんな。

Dscn2367 5合目、4合目あたりはシロヤシオが

Dscn2371

Dscn2373

Dscn2375

Dscn2377

4合目から3合目の舗装路が嫌なので、ショートカットルートを探しながら無事下山。登山ラッシュだったので、下山は2時間かかりました。

Dscn2383

中禅寺湖の周りは良いところです。ただ、観光地だから仕方無いにしても、今回は排気ガスと騒音を感じました。まぁ、山に登ってしまえば、静寂と自然はたくさんあるのですけどね。

次はあそこだわ。

おしまい。

栃木遠征 日光男体山(山頂にて)

男体山に登りながら気になっていたのが実は皇海山。仮に百名山完登を目指すとなると登らなくてはならない。庚申山、鋸山を経由して日帰り13時間で登った人の話を聞くと壮絶。群馬県側から登ると楽だそうだが、皇海山そのものはあまり展望が良くないらしい。その人には鋸山の展望を勧められた。とりあえず今回は概観でも見れれば良いかと思っていた。

Dscn2318

▲見えづらいのだが、真中に薄っすらと見えるのが皇海山。

Photo_2

何となく概観が分かったので頂上巡りを始めた。

Dscn2324

なんだか突起物というか、ガラクタが一杯あるなと感じた。

Dscn2326 神剣だそうです。

Dscn2327  一等三角点

Dscn2329

女峰山からガスが沸いてきて、やがて男体山も包まれました。

Dscn2332

Photo_2

Dscn2345太郎山

Dscn2344 日光白根山

Dscn2355 次に行きたい。

Photo_3

栃木遠征 日光男体山

Dscn2382

時計は22時。こっそり家を抜け出しました。一応、カレンダーには『日光男体山』と書き込んで。カミさんが気づくかどうか。車は一路栃木県は日光へ。基本的に宇都宮市内を通りたくないのですが、いつもカーナビに宇都宮経由にされてしまう。まぁ、夜中だから混んでいないだろうと思いきや、やっぱり夜中でも混んでいた。「中禅寺湖の周りにはコンビニは無いから」とえこさんに聞いていたので今市辺りのコンビニで水と食料と眠り薬(焼酎)を購入。【色は匂えど散りぬるを、我世誰ぞつねらむ】 (いろは坂)を登り、二荒山神社下の駐車場に車を止め車中泊準備。シュラフも用意したが暑くて不要だった。焼酎をちびちびとやりながら、新・分県登山ガイド「栃木県の山」(山と渓谷社)の男体山のページを一通り読み終え、荷物をチェックして準備完了。アラームを5時にセット。ふと周りを見渡すと夜釣りを楽しむ人々。釣りも悪くないなと思う。2時就寝。

朝5時に起きて軽くストレッチ体操。中禅寺湖を見渡す。天気も上々の様。

Dscn2251 真中の山は社山Dscn2257 私の本日のターゲット、男体山頂上

Dscn2262

二荒山神社の登山口。だれも居ないので「行っちゃえ」と思いきや、やはり神社の方に呼び止められました。登山者名簿に書き込んで500円を支払うと、ちゃちな地図とお守りが付いてきます。私個人的には駐車場代と登山コースの整備代としてお支払い致しました。(そう思うと高くはない)。お守り不要。

Dscn2263 最初はこんな階段。うげっ。

Dscn2264

Dscn2265 こんな林のなかをこんな角度で登って行くと、

Dscn2266

3合目?あれ?2合目は?この後の舗装路は嫌なかんじです。帰りはショートカットしました。(ショートカットコースも踏み跡が出来ている)

Dscn2273

Dscn2277 いやーな舗装路をどのくらい歩いたっけかなぁ。4合目にやってきました。この舗装路から逃れられるのでしたら天国かと思いました。

Dscn2276展望もやや良くなってくる。

Dscn22845合目

Dscn2285

Dscn2287浮き石、落石に注意しながらガレ場を進む。

Dscn2288 いい感じになってきた。

Dscn2291_2延々と石のゴロゴロしたガレ場を登って行きます

Dscn2294

Dscn2300

Dscn2303 8合目を過ぎると、石のガレ場が終わり、赤土になる。

Dscn2304 部分残雪が。

Dscn2364

Dscn2309

頂上間近。最後は火山灰のようなところを歩きます。滑る。なかなか頂上には到達させてもらえません。

Dscn2313 戦場ヶ原と日光白根山が見えてきた。

Dscn2316

頂上に来ました。約3時間。向こうに見えるのは日光白根山。

きつかったっすよ。^^

(時間があったら続き書きます)

栃木遠征 釈迦ヶ岳リベンジ

前回は4月の終わり、季節外れの大雪の後に栃木県・高原山へ行ってきたわけですが、最高峰の釈迦ヶ岳には登らずに八海山神社で引き返しました。いつか釈迦ヶ岳に登りたいなと思っていたところ、お誘いを受けましたので行ってきました。全メンバーは何人だったのだろう。10人?

Dscn2160 朝5時、この辺は大雨でした。矢板市沢辺りからの高原山。この辺の地名は沢とか中とか、泉とか一文字が多いような気も。

Dscn2164大間々駐車場から。北側になるのだと思う。

Photo

Dscn2168 八海山神社付近。右が釈迦ヶ岳、真中の突峰が中岳だそうです。この後、大入道お楽しみコース行きと、健脚釈迦ヶ岳行きとに分かれました。

Dscn2174 Dscn2176 Dscn2179 鶏頂山を横目にとらロープを登ります。この辺が一番きつかった。

Dscn2185 大間々駐車場から2時間50分。山頂に到着しました。

Dscn2184 思っていたより小さかった釈迦像。

Dscn2188 昼食を食べていると、俄かにガスが上がってきたので、急ぎ下山。遠くに見える雪渓は会津駒だと思います。

Dscn2197 八海山神社まで戻るとガスの中。やや雨がちらつきましたが無事下山。

Photo_2

Photo_3

Dscn2200スッカン沢にも立ち寄りました。黒曜石ゲット。

Dscn2387

初めてお会いした「やまとそば」さんのお勧め「城の湯」で汗を流し帰宅。釈迦ヶ岳に登れて満足でした。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »