最近のトラックバック

フォト

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

カタクリ 吾国山~筑波山

  Dscn1052

筑波山からみた吾国山(真ん中)。標高518mと低山ながら突峰が格好良い。どこから登っても急登できつい。愛宕山から難台山を経由し吾国山まで縦走するとトドメを刺されたようだ。^^でも板敷山道を通れば頂上近くまで車で行けることを今日知った。

Dscn1004

今日はカタクリの群生を見に行った。先行していたおっちゃんが時折こちらを振り返る。軽く会釈をすると、「カタクリ見にきたのけ?」(懐かしいピュアな茨城弁)「ええ、そうです」「今週は一杯咲いてんなぁ、先週も見に来たんだが咲いてねぇんだ、んだから三毳山まで行っちったぺよ、これ見てみ」(デジカメで撮った三毳山の群生を見せてくれる。確かに凄い)「どうもありがとうございます」と言ってわかれた。

Dscn1003

ユリ科だそうで、ちょっと可憐ですね。

Dscn1031

ピークはもう少し先じゃないかなと皆さん仰っていました。

Dscn1020

筑波山(左)と加波山(右)の連山

Dscn1032

お昼。「一人でこんだけ背負って来んのけ」とさっきのおっちゃんに感心された。

Dscn1039

こんな花も群生していましたが何だかは分かりません。

Dscn1046

筑波山の裏登山道。車で行ける所までい行き、駐車場から御幸ケ原までは1.2Km、30分歩けば着く。初めて歩いてみたが、残雪もあり、赤土のドロドロした登山道には辟易。すれ違う人は皆苦笑。

Dscn1048_2

Dscn1057_2

Dscn1047

Dscn1055

筑波山のカタクリはまだまだこれからかな。量は筑波山の方が多いですが何やら栄養不足のような。ここは吾国山に軍配が。

Dscn1051

裏登山道は5軒茶屋の裏に出てきました。

Dscn1061

おしまい。裏登山口の駐車場にて。向こうに見える山は雨巻山だね。また、富士山を見に雨巻山に行ってみよう。

 

御岩山~高鈴山

Img_2376

高鈴山は子供の頃から身近に見える山でした。子供の頃「親父と登ったなぁ」とかすかに記憶があります。稜線は穏やかで急登も少なく、向陽台登山口から登っても、助川山から登っても、それほど苦になりませんでした。頂上間近まで車でいけるので、あまり興味をそそられない山でもありました。

でも御岩山経由というとまたまた趣が違うのですね。

Dscn0914

仏神一体で、良く分からない御岩神社。(日本の寺社、仏閣はもう何が何だか良く分かりません。きちんとした思想やあるようにも思えない。こうした建造物も文化・工芸としては価値があるのでしょうけれど)

Dscn0916

杉林を20分ほど歩くと御岩山の中腹。ここにも神社があります。ここからさらに登りますが、そこからの岩が中々でした。ロッククライミングやフリークライミングの練習に使われているらしいです。

Dscn0951

Dscn0950

Dscn0948

ちょっと遊ぶとスリルがあって面白いです。岩を登らなくても巻きながら上まで登れますので、まぁ、小学生くらいでしたら頂上まで登れるでしょう。

Dscn0944

遠くに奥久慈男体山が突峰に見えます。他には明山、篭岩山、武生山、東金砂山といった感じでしょうか。

O_dscn0536

逆に明山頂上からこちらを見るとこんな感じ。

Dscn0919

御岩山山頂付近の祠です。図書館に籠もって常陸国風土記の翻訳本を読んだことがありますが、古くから信仰を集めていた山だそうです。

Dscn0923

御岩山頂上から尾根伝いに歩くと高鈴山頂上です。今は雨量レーダーの塔が立っています。

Dscn0922

展望台からの景色は中々でした。竪破山、土岳、北茨城、里美の山々、鵜の岬、大津港、八溝山、那須岳、日光他。(北側展望は文句なし。南側の展望をもう少しなんとかして欲しい)

素敵な雰囲気の老夫婦がいました。

Dscn0934

また太ったわん。

Photo

アセビだと思います。頂上は電波塔の南側に咲いていました。

少しだけ、新たな発見。まぁまぁ面白かった。

あの滝を下から見たい。奥久慈男体山~小草越~古分屋敷

Dscn0815

3/20 6:47 大円地 朝方真っ白になる事は多いのでしょうか。前々回もそうでしたが、これは雲海になるパターンです。登っちゃうが正解。

Dscn0821

前半、最後の鎖場を登ると…。

Dscn0824

ほら、こんな。向こうに見える二つの峰は上高塚山、下高塚山だと思います。(地図には山名は無い)

Dscn0841

後半の鎖場が終わる頃には雲海はすうっと引いていく。

Dscn0847

ほらね。快晴の空。

Dscn0851

良く、食卓にされてしまう一等三角点。

Dscn0870

大円地越を経由し、櫛ヶ峰の辺り。

Dscn0863

ここも中々の絶景。枝にテープが貼ってありますが、この先に行くと落ちます。

Dscn0872

小草越~古分屋敷の道(というかただの谷)

鷹取岩まで行こうと思ったのですが、やや疲れたので小草越から古分屋敷にエスケープ。この後、沢と合流、何も考えず歩いていったところ滝の上になりました。降りられるか、下を覗くが見えず。かなり落差があると思われる。結局のところ、やや戻り、南側に薄っすらと踏み跡を発見。

Dscn0873

やっと見慣れた集落に出てきた。(AM 11:12)

Dscn0879

男体山を振り返る。

今、あの滝がとても気になっている。

あの滝を下から見たいと思っている。

今年のビオラちゃん。

Dscn0899

今年も咲いています。今年はあんまり面倒みなかったわ。ゴメン。

ショウジョウバカマ(猩々袴)

P1003555

助川山から高鈴山への縦走路に咲いていたものです。

P1003556 P1003557

ダンコウバイ

昨日。奥久慈男体山での写真です。春かな。

Dscn0835

Dscn0836

Dscn0837

福寿草

筑波山で福寿草を見てきました。もうすぐ春ですね。筑波山と福寿草

P1003489

無題

Dscn0316

あの向こうに行ってみたいなぁ。

1km

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »