最近のトラックバック

フォト

« KIMOI? | トップページ | 健全な精神は健全な肉体に宿っていた »

徒然

早めに寝たら朝3時に目が覚めた。パソコンを立ち上げてカタコト。4時頃もう一回寝た。朝7時になって、息子がベッドに飛び込んできた。「パパ起きろぉ!!」

子供達と一緒に朝7:30から団地内のごみ拾い。こんな朝早くからやらんでも.....と思いながらも、まぁ、小学生達の元気な姿が見れるのは微笑ましい。

その後、息子と一緒に近所の屋内プールへ。2時間みっちり....でもなかったんだなぁ。相変わらず四十肩・五十肩が痛くて思いっきり泳げない。かつて「男の人魚みたい」と呼ばれ自由に泳ぎまわっていた私もなんだか情けない。ま、中学の頃だけどね。息子は足のつかないプールでもチャレンジ精神旺盛。でも、まだ水泳には至っていないなぁ。

帰って来てからちょっとお昼寝。教会の礼拝に行こうと思っていたのに寝過ごした(なんて不信仰な)。教会に行ってみると、私が子供の頃からずーっと奉仕活動を続ける姉妹と会い、しばし歓談。ちょっとお祈り。他に人もいないし、教会のピアノの蓋を開けて弾き始めた。初めと終わりはピアノの上に乗っていた楽譜で賛美歌。途中は暗譜しているもの数曲。音響(反響)が深いので弾いていて気持ちいい。

アパート一人暮らしをしていた頃。持っていた電子ピアノでは飽き足りなくて、スタジオとピアノを予約。予約出来ないときには実家に帰る。親の小言を聞きたくないときには教会に来てピアノを借りた。(まささんのお宅で「ピアノ弾かせて、飢えているんです」とまささんに泣きついたことも)

中村紘子さんの著書「ピアニストという蛮族がいる」だったか、その次の「アルゼンチンからなんとか」だったかに、「ピアノは肩で弾くもの」と書かれていたのを思い出す。入門希望者が来ても、いかり肩じゃない人は門前払いだとか。なで肩の私にはショックな話ではあったが、思いっきり弾こうと思うと四十肩・五十肩に響くので、そうなんだろうと思う。

「アルゼンチンからなんとか」の記述の中にピアニストの容姿の話が書いてあった。斜視を持つ女性ピアニストの事を揶揄したような話であった。中村紘子さんてこんな程度の事を書くのね。若い頃の中村紘子さんは確かに魅惑的な顔をしていたけれど、今のあなたの容姿は他人の事をどうこう言えないよ。と思い始めると否定的になる。ショパコン入賞もお金で買ったのじゃないの?あなたの弾くショパンなんてまったくつまらない。アシュケナージの方が遥かに良く聞こえる。中村紘子さんに師事したという(上司の)娘さんのコンチェルトを聴きに行ったけど、絶賛できるものではなかったなぁ。ピンクのドレスを着た女子高生が可愛いというのだけは目立ったよ。

容姿は怖いけど、フジコ・ヘミングさんの演奏の方がずーっと素晴らしいとおもふ。

なんてことを書き続けると、集中攻撃を受けそうなので、あくまで私、個人的で感情的で、ローカルな意見であるということを付け加えておく。

さ、ハノンで体育会系的練習をするわ。

話は変わるけど、

夫婦喧嘩をして3日目。和平交渉の糸口は掴めていない。喰ってくれるワンちゃんもいない。

« KIMOI? | トップページ | 健全な精神は健全な肉体に宿っていた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

四十肩って,長引くのかしら~。
私も冬に痛めた右肩が痛くって,再来週から人魚姫の季節だっていうのに,動かせませんよぉ。そうして泳ぐ姿はアシカかアザラシだって言われるしな!

大事なこと言い忘れましたよ。
夫婦喧嘩の和平交渉なんて,糸口なんてありません,あるのは「謝る」という扉だけだと思います。それも,男性側に大きな扉がある。理由はなんにせよ,男の大きさを見せて謝るって言うのはどうでしょうか?そしてぎゅ~~としてあげたら?家なら,これで100年続くと思われる戦いもとりあえず収まります^^
お子さんたちのためにもね♪
今,この時のベストを尽くしてね~~(◎´∀`)ノ

えこさん、どうもです。

>四十肩って,長引くのかしら~。

個人差はあるのだと思いますよ。前は病院に通っていましたが、今は面倒になって、行っていないです。私の場合、姿勢が悪くておまけに頭が大きいから、肩への負担が多く、肩こりにも相互に影響しているのだと思います。ともすると一日中机に座ったままパソコンと睨めっこの仕事なので、尚更なんです。

>私も冬に痛めた右肩が痛くって,再来週から人魚姫の季節だっていうのに,動かせませんよぉ。そうして泳ぐ姿はアシカかアザラシだって言われるしな!

えこさんも肩が痛いのですか?
えこさん充分人魚姫ですよ。とても何人ものお子さんを産んだ人のスタイルとは思えませんですよ。
.....「トド」とか言われるよりは.......。^^

子供達に言われるのですかね。

私が小学生の頃の家庭科の教科書、
「しなびた野菜を水でよく洗い」の野菜を先生に変えて
「しなびた先生の顔を水でよく洗い」なんて読んでました。それって担任の女の先生の注目を浴びたかったり、反応を見たかったり、相手にして欲しかったのですね。
結果、教室中追いかけられました。

(なんだかそういうところ似ているんだよなぁ。息子が。)


・・・スタイルというよりあの小さい手を下げたまんまで泳ぐ格好といい,ぷか~って水面に出てくる格好といい,アザラシだってさ^^サイズからしてラッコかな
 6月にはいってしまい,5月病を引きずる私に愛の手を(ノ_-。)

えこさん、どうもです。

>・・・スタイルというよりあの小さい手を下げたまんまで泳ぐ格好といい,ぷか~って水面に出てくる格好といい,アザラシだってさ^^サイズからしてラッコかな

大変失礼致しました。m(_ _)m 学生時代水泳部のえこさんですから、変な泳ぎ方はしないだろうと思い、スタイルをからかわれているのかと...。^^
肩が痛くて、変な泳ぎ方になってしまったのかな?

>5月病を引きずる私に愛の手を(ノ_-。)

新しい環境での仕事が軌道に乗って、何か目標を失った様な状態なのでしょうか。そういう時は過去にお世話になった人や、友人、尊敬していた先輩などに近況を伝えてみるとかしてみるのも良いかと思います。

思秋期に外国で貧乏生活をしたときに、ぼろぼろの単行本を入手、中村紘子さんの旦那さんの赤ずきんちゃん(芥川賞作家)を読んで感動で感化されました^^;

思春期真っ只中、^^;何度読んでも泣けたけど
(誰もいないモナリザの前で読んで泣いたことも^^;)いま読んだらどうなるのかな~
知りたくもあり、知りたくもなし^^;

えこさん

>家なら,これで100年続くと思われる戦いもとりあえず収まります^^

英仏100年戦争はジャンヌ・ダルクの魔女裁判で終結したのですよ。

もうちょっと冷戦してます。
(というのは冗談で、いずれ起死回生の一打を)

masaさん、どうもです。

>中村紘子さんの旦那さんの赤ずきんちゃん(芥川賞作家)を読んで感動で感化されました^^;

中村紘子さんの旦那さん、庄司薫さんでしたね。masaさんを感動させたとなると、ちょっと興味が沸きます。

( ´_ゝ`)フーン,そですか。。
私だったら・・・冷戦している方がめんどくさいわ・・・一緒にお風呂にでも入って,終わらせてしまえばよいのに~,でもそんな単純なことではないのかもですねきっと。私らの低レベルな夫婦喧嘩といっしょにはできないのかも知れませんね,部外者があれこれごめんなさい。早く仲直りしてください。


夫婦喧嘩ですか~~(´・ω・`)
3日目・・・会話はあるんでしょうか?
えこさんのアドバイス☆ナイスですね!
えんさんの広~い心で仲直り~~♪

えこさん、でこさん。

意地張っていないで、適当に折れます。
大丈夫です。^^

ご心配おかけしました。m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98475/45192606

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然:

« KIMOI? | トップページ | 健全な精神は健全な肉体に宿っていた »