最近のトラックバック

フォト

« 2006年12月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

クワガタムシの蛹2

200706302 先のクワガタムシの蛹(♂)は無事に羽化終了。

新たに♀の蛹を発見。

 

   

   

200706301_1  

ホタル

 先日放流したホタルの幼虫。どうなっているのか、夜九時頃見に行ってみた。

 ほんの5、6匹だが、鮮やかなホタルの光をみつけることが出来た。ホタルが舞う姿を実物で見るのは初めてなのだと思う。子供の頃の記憶をたどっても思い当たらない。

 1500匹放流したはずなので、いずれはもっと多く見れるはずだ。

 青色発光ダイオードが点滅しているような光。ちょっと感動した。

ピアノ譜

Zenon yahooチャットの環境でピアノを弾いているところをたまたま見つけた。http://www.geocities.jp/poco_a_poco1973/index.htm

自分でも一曲弾いてみようかと思い、譜面をあれこれと整理していた。春秋社版やドレミ楽譜出版、ヘンレ版、ドーバー版などがちらほらとある中、やっぱり全音の楽譜が一番多い。大体50冊くらいかなぁ。専門的な知識や語学力のない私でも、日本語で丁寧な解説があるので分かりやすい。これも弾いてみたい、あれも弾いてみたいと欲張った結果、すっかりコレクターとなってしまった。ただそれだけなんだけどね。取りあえずハノンでリハビリを続けよう。

クワガタムシの蛹

20070615_1

昨年、我が家ではクワガタの幼虫が40数匹生まれたが、そのうち生き残っているのが20数匹。そのうちの一匹が蛹になっていた。蛹は動かずのんびりと寝ているものかと思っていたら以外に回転しながら激しく動いている。これは小型のノコギリクワガタだと思う。真っ白できれいだ。残りの幼虫も無事蛹になってくれるかなぁ。

おしりかじり虫

 なんとなくボケッとNHK教育テレビを見ていたら、みんなのうたという番組で「おしりかじり虫」なる歌を放映していた。なんだかわからないけど笑った。(^^;;;

youtubeを検索したら、あった。

http://www.youtube.com/watch?v=Gs9cS0ZtMWw

社会保険庁

 社会保険庁が随分と叩かれている。やっぱりという感じがする。

 結婚した時、即日妻の第3号被保険者の届け出をした。会社への手続きも役所への手続きも完了したが、社会保険庁から督促状が届いた。最初は手続き上の時間的な問題だろうと思っていたが、督促が1年続き気持ち悪いので会社と役所に問い合わせをした。「3号の届出されてますよ」と役所の窓口で言われたのでほっとしていたが、更に1年間、社会保険庁から督促状が届いた。2年後、再度会社と役所で確認してもらい、役所ではコンピュータのINPUT状況についても確認してもらった。「コンピュータにも3号の届け出がINPUTされている」との回答を得た。しかし更に督促状が届き、電話もかかってきた。「我が家は3号なっているはずなので確認してください」と話をしたが、確認もされていなかったのだろう。やがて徴収員が家までやってきた。とうとう頭にきて「うちは3号。帰って確認しろ」と怒鳴った。その夜電話がかかってきて「すみません、確認したら3号になってました」との事。民間の常識では考えられない怠慢さにがっくり。最初に手続きしてから3年後で初めて3号として認められ、督促状は来なくなった。が、こんないい加減な組織が税金を食いつぶしているのかと思うと日本の将来は危ういなと感じた。

 もちろん結果がどうなっているか怪しいので再度問い合わせるつもりだ。

ピアノリハビリ中

 ちょっと時間が出来たのでピアノリハビリ中。昔はむきになってピアノの練習をしていたけれど、ここ数年は本気で弾いていない。パソコンのキーボードより重いものをたたいていない。

 取りあえずハノンから練習。目標はCHOPINのバラ1かなぁ。

ホタルの放流

Nec_0005 地元自治会の役員になって2年目。地域の活動は、まぁ大変だが慣れてきた。先日近所の子供たちを集めてホタルの放流会を実施した。団地近くにビオトープを作り田植えをした。そこへホタルの幼虫1500匹と餌となるカワニナを放流した。

学生の頃東京に住んでいたが、その後は東京には住みたいとは思わなかった。「光化学スモック注意報が発令されました。屋外で遊ばない様にしてください」というアナウンスを度々聞き、子供を育てる環境では無いと思ったからだ。

 泥まみれになって楽しそうにしている息子を見て、そんなことを思い出した。

6月カブトムシの幼虫

Nec_0042 まもなく蛹になる時期を迎えるのだが、カブトムシの幼虫達はどうなったかなと思い、飼育ケースを少しだけ掘り返してみた。もっと大きくなっているかと思ったが、まぁ、こんなところだろう。

....復活....

 昨年12月から激務が続いていたのだが、やっと時間に余裕が出来てきた。久しぶりの更新。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年7月 »