最近のトラックバック

フォト

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

上野駅2

  VRM で上野駅周辺を作りたいと思い、上野周辺を散歩してみた。

Photo_1 日暮里駅より上り方

 

 

Photo_2 鶯谷駅より下り方

 

 

Photo_3 鶯谷駅より上り方

  

 

Photo_4 上野高架駅(その1)

 

 

2 上野高架駅(その2)

  

 

2004_0725_060758aa 上野地平駅より下り方

 

 

VrmVrm2 結果VRMではこういうのが出来上がった。

上野駅

 もう数え切れない程この終着駅へ行った。5歳(幼稚園児)の時、東京女子医大病院で癌と闘病中だったおばさんが亡くなった。その時母に連れられて行ったのが初めてだと思う。中学生の時友人達と列車の撮影に行った。国鉄特急最盛期の頃だろう。つらい思い出も楽しい思い出も凝縮されているのが私にとっての上野駅。

***********************************************

 映画「ALWAYS  3丁目の夕日」をDVDでも見た。再現された上野駅を見て関心した。今は洗練された都会的な雰囲気を持ち、目的地への中継点のような上野駅だが、昔は確かに映画の1シーン出てくるような大都会の終着駅だった。

***********************************************

Trno18上野駅の朝。

旧18番線より。 

 

2004_0725_061349aa「能登」  この電車(489系)が到着すると上野駅の朝が始まる。やがて「あけぼの」「北陸」など、日本海の風に吹かれた列車が到着する。普段の喧騒までにはまだ少し時間がある。

   

***********************************************

現場

 小学生の頃、踏切近くで列車の音を録音していた。当時流行ったRunaway(ラジカセ)とマイクを自転車に積んで行った。マイク相互の距離をなるだけ遠ざけるとステレオ効果が良くなることもわかった。

 ある時、保線員の姿を見つけた。レールの間を歩きながらこちらへ近づいて来る。レールの点検をしているようだ。やがて私に近づくと、録音機材をみつけ「何をやってんだ」と怒鳴った。「すいません、電車が好きで、録音していたんです、これがマイクで、これがカセットテープで.....」と答えると、私の頭をなでながら「そうか、線路に近づけちゃダメだぞ。電車が止まっちゃうからな」と言ってその場を立ち去った。怒られたことよりも「この人が鉄道を守っているんだぁ、格好いいなぁ」と思った。

 30歳になって某鉄道会社の司令室にいた。列車の運転士から無線が入る。「○○番踏切で子供が遊んでいる!!」。指令は後続の列車に連絡し警戒する。私は子供の頃を思い出し、多少恥ずかしい気持ちにもなったが「夢があるなら頑張れよ」とその子供を応援したくもあった。

 オレンジ色の最終列車が私のすぐそばを通り過ぎた。「貴列車を認知しているよ」という合図を運転士に送る。「運転士は確認した」という合図の汽笛を鳴らす。枕木の上を歩きながら「自分の人生、これで良かったのかな」という思いもするが、すぐさま安全確認のための動作に移る。

 新宿、渋谷、池袋で友人達と飲み明かし、始発が来るまで駅の周辺で寝た。そんなことを思い出しながら、始発列車が定刻通り通過するのを見ていた。

  At Shinjuku

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »