最近のトラックバック

フォト

« 山本勘助 | トップページ | Linuxで遊ぶ »

諜将 山本勘助

南原幹雄著の「諜将 山本勘助」を読み終えた。

前半は史実的背景の中でその人物像を描き、第4回川中島の戦いに突入していく。対陣する越後軍に対し啄木鳥戦法を提唱したが、敵大将上杉謙信に見破られ味方に大損害を与えた。その責任として突撃し戦死したというのが通説だ。小説後半はフィクションである。小説では戦場で傷を受けた勘助が上杉方の女忍者に助けられ、謙信に庇護される。(この発想は面白い。記録が少なく実在に疑いを持つ人が多い。敵方に寝返ったということであるならば、甲陽軍監から名前が抹消されていくというのもまんざらではない)小説の勘助は天下分け目の戦いの軍師を夢見る。今川義元、武田信玄、上杉謙信が相次いで死去し夢がたたれ、結果光秀にけしかけて信長とともに本能寺に果てる。

 後半は殆ど創作だが、物語としては面白かった。どうせなら、信長を連れて本能寺を抜け出し.....。も書いて欲しかったが、勘助の年齢を考えると無理があるのだろう。

 久しぶりに創作の多い小説を読んで空想の世界を楽しめた。

 上杉謙信のことは概略しか知らない。義の武将であるということも納得がいく。いつかよい書籍を見つけたい。

« 山本勘助 | トップページ | Linuxで遊ぶ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

雑学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98475/9003146

この記事へのトラックバック一覧です: 諜将 山本勘助:

« 山本勘助 | トップページ | Linuxで遊ぶ »