最近のトラックバック

フォト

« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年1月

帰路

NEC_0041 おみやげは携帯メールで娘から催促されていた551蓬莱の豚まんと、スイス菓子「ハイジ」のアルハンブラ。

 箱根のトンネルを越えると小田原から大雪。もちろん我が家も大雪。家に着くと玄関に大きな雪だるまがあった。

 とにかくこの旅は寒かった。

At Osaka and Kobe

Osaka NEC_0001 at_nishinomiya NEC_0029

久々の大阪

500K 500系のぞみに乗って久々に大阪に来ている。東海道新幹線から0系が無くなってしまったのはなんだか異様な感じもする。

4年前にUSJに遊びに来たが、なによりも若い頃、大阪で苦労しながら仕事をしていたことを思い出す。今回は仕事でゆっくりもできないが、時間があればミナミへも行ってみよう。

ALWAYS 三丁目の夕日

 最近我が家の近くにシネコンが出来たので、妻と二人で映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を見に行って来た。

 昭和33年、東京タワー着工という舞台背景。私は生まれていないのだけれどもそう大差はない。何とも言えない懐かしさが込み上げてきた。そして随分と泣かせてもらった。

 文学青年と飲み屋のおかみ。文学青年と親に捨てられた男の子。自動車修理工の家族と田舎から出てきた娘。いずれの物語も感動した。

 思えば、東京は下町の商店街で、20歳に満たない私にいろいろと親切にしてくれたおばさん達は、皆、福島や秋田などから集団就職できた人たちだった。商店街でアルバイトをしながらその人たちの優しさに触れた。

 あの街は今はどうなって....あの人たち、子供達はどうしているんだろう。そんなことも気になった。

 とにかく良い映画だった。日本もまだこんないい映画を作れるんだね。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »