最近のトラックバック

フォト

« 保育園の運動会 | トップページ | 自由画 »

祖母の往生

 明治、大正、昭和、平成と生きた祖母が94歳で他界した。子4人、孫9人、曾孫8人に囲まれての大往生でもある。旗本の旧家と神社の旧家の間に生まれ、地元ではそれはそれはお嬢様だったらしいが、第2次世界大戦で全てを失ったと言っていた。空襲の時、小さな子供を背中におぶりもう一人の手を引きながら逃げ惑っていたが、焼夷弾の炎に八方を塞がれついに断念した。そこへ一人の兵隊さんが現れ助けてくれた。その話は何度も何度も聞かされた。飛行機の編隊が飛んできたので急いで屋根に上り思い切り手を振ったが、それはアメリカの艦上攻撃機だったという話や、特攻に行く従兄弟が手を振りながら自宅上空を旋回して行った話しなど、話し出すときりがない。また、私の身近なところから時代の生き証人が減ったというところがとても寂しい。

« 保育園の運動会 | トップページ | 自由画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98475/6792132

この記事へのトラックバック一覧です: 祖母の往生:

« 保育園の運動会 | トップページ | 自由画 »